古くて汚れたビューラー使用

2014年5月22日 / 未分類

多くの女性のなかでビューラーは化粧をする際になくてはならない必須アイテムです。これがないと目をぱっちりと見せることができないので、毎日何度か使われるアイテムだと言えます。しかし、長く使っているとゴムの部分が汚れたりして上手く使えなくなることがあるます。そのようなときは、まず汚れを丁寧にティッシュなどでふき取ります。それでキレイになってもう一度使用できれば問題はないのですが、それ自体に年期が入っているものは必ず新しいゴムに変えるようにしましょう。薬局などで5こセットなどで売ってあるものは安いですし、1つがもし使えなくなってもすぐに変えることができるというメリットがあります。また、汚れたものを長く使っていると目の上の毛先がうまく揃わなくなりますし、毛がハゲて見た目もあまりキレイには見えなくなります。また、切り替え時期はひとそれぞれですが、だいたいカタいわゆる線がくっきり入った時やカール力が落ちてきた時に変えると良いでしょう。半年以上愛用しているひとは要注意です。傷んでいるのに気付かないで使い続けていると、毛がバッサリ切れてしまうことがあり、全体に自然と亀裂が入り先端が尖ってくるケースが多いとも言われています。古いものには十分に気をつけて使用すうことが重要となります。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る