うつぶせで寝る

2014年5月22日 / 未分類

うつぶせで寝るということはあまりよくありません。顔を下に向けて枕に合わせて寝ることで摩擦を起こしてしまうのです。枕で摩擦を起こしてしまうと抜けてしまう可能性があります。人は寝ているときにずっと同じ体勢で寝るということはほとんどありません。定期的に姿勢を変えながら睡眠をとっているのです。下に向いて寝ているときは体を動かすことができません。動かすことができるのは顔の向きだけです。体を下に向けながら顔の向きを動かすと顔が摩擦を起こしてしまうのです。それを繰り返していると抜けやすい状況になるだけでなく、負担をかけてしまうのでか細くなってしまうのです。か細くなってしまうとマスカラを取るときなどにも簡単に抜けてしまいます。そのような問題だけでなく、肌にも影響を与えてしまいます。肌の水分を奪ってしまい乾燥を引き起こしてしまうのです。特に目のまわりの皮膚は薄いのでより影響を受けやすいのです。乾燥するとシワの原因になります。また顔を左右に向けることで肩コリや首のコリの原因になってしまうのです。下に向いて寝るということは摩擦によっていろいろな問題を引き起こしてしまいます。ですので何にも触れないような姿勢で寝るということが一番です。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る